雨止んで人傘を忘る事なかれ主義

いろんな事をダラダラと

胃の精密検査で胃カメラを飲んできました…

スポンサーリンク

今日は会社をお休みして、胃カメラで胃の検査をしてきました。

昨年の12月に会社の健康診断を受けたのですが、ずっとバリウムで胃の検査をしていたのを、50才を目前にして一度胃カメラで検査してみようと思い、鼻からの胃カメラにしてみました。

自分的には、普段胃が痛くなることなんてないし、間違いなくきれいな居だろうと思ってたのですが、予想に反して、慢性的に胃炎があり、ピロリ菌が居そうな胃ですよと言われました。
どちらかと言うと、胃ガンになりやすい胃だとも…

とりあえず、一度消化器科の病院で精密検査を受けて見てくださいと言うことになり、今日の検査になりました。

ピロリ菌とは

ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌や MALTリンパ腫やびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などの発生に繋がることが報告されている他、特発性血小板減少性紫斑病、小児の鉄欠乏性貧血、慢性蕁麻疹などの胃外性疾患の原因となることが明らかとなっている。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となり得ることが明らかになっている病原体のひとつである

ヘリコバクター・ピロリ - Wikipedia

と言うことで、悪性腫瘍の原因ともなるそうで居なくなって欲しい菌ではありますね。

スポンサードリンク



病院は事前に予約していたので、受付してからそんなに待たされることもなく、お医者さんの診察(ほとんど問診と胃カメラの説明)があり、その後内視鏡の検査の所へ案内されました。

そこで血圧を図り、謎の液体を紙コップ一杯分飲まされ(何かの薬だと思うのだけど説明が無かったような気がします)、また、問診と説明を受けました。
今回は精密検査なので口からの胃カメラになること、安定剤と言うのを使うか使わないかを選べること。
車や自転車で病院に着ている場合は安定剤は使えない事など説明を受けて、鼻から入れるカメラも結構キツかったので安定剤を使って貰う事にしました。

しばらく待っていると、呼ばれてベッドに座り、にがーい麻酔を喉にスプレーされます。
その後横になり、また血圧を計って左腕に注射針を刺されます。
なんとなく安定剤って飲むのかなと思ってたのですが、注射するようですね。

それから、口にマウスピースを付けられ、それでは安定剤入れますねと看護士さんに言われて、いよいよだな~、大丈夫かな~、オエオエしないか心配だなぁ~と思ってたのですが、すぐ眠ってしまったようです
カメラも見てないし、カメラを入れられたのも覚えてないし、終わった時の様子も良く覚えていません(^^;)
少しぼんやりして、苦痛を和らげる薬だと思ってたのですが、ガッツリ意識を失ってた気がします(笑)
終わった後、1時間位座ってじっとしてなくてはいけないのですが、全然苦痛が無かったので、とても楽でした。
鼻から入れるの寄りも全然ラクでしたね。

1時間ほど経って、動いても良くなるとまた血圧を計られ、先生に検査の結果を聞きます。
結果は、やはり慢性胃炎でピロリ菌もしっかりご在宅してました(>_<)
除菌をすると言うことで、薬を貰って一週間朝と晩に飲み続けます。

f:id:kajimo_hkd:20180313210200j:plain
ボブ・サップみたいなクスリです。
飲み忘れたりすると、菌に耐性が付くので必ず毎日飲んでくださいとのこと。
わすれないようにしてピロリ君を絶滅させたいと思います。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ
にほんブログ村